マンション向け火災保険のおすすめ人気ランキング11選

マンション向け火災保険のおすすめ人気ランキング11選【徹底比較】


マンション向け火災保険のおすすめ人気ランキングBEST3を発表します。

なおマンション向け火災保険の選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

PR
火災保険の一括比較サービス

NTTイフNTTイフの火災保険比較

家族に合った安い保険が分かる!火災保険を一括比較できるサービス


NTTイフの火災保険比較」は各社の火災保険を最大4社、一括で比較してくれるサービスです。建物の構造(戸建てorマンション)・築年数・所在地の3つの項目を入力するだけで、家族に合った安い火災保険が分かります。比較結果は、各社の火災保険それぞれについて保険料・補償の範囲や免責金額・適用される割引・付帯サービスなど約20項目を表示。気になる保険があれば、そのまま保険会社の申込みサイトへ移動できます。

ソニー損保・SBI損保・ジェイアイ・セゾン・東京海上・三井住友・損保ジャパン・あいおいニッセイ同和・日新火災など、多くの会社の火災保険の取り扱いをしており、気になる保険会社のみの見積もりをお試しいただくことも可能。また「NTTイフの火災保険比較」を経由してご契約いただくと、水回りやガラス窓の破損など暮らしの緊急トラブルの場合に業者を派遣してくれるサービスもあります。(条件あり。ソニー損保・ジェイアイ火災保険はサービス対象外)

比較も見積もりも無料!結果は瞬時に分かる

NTTイフの火災保険比較

NTTイフの火災保険比較」の比較&見積もりサービスは無料で利用できます。詳しい比較結果は瞬時に表示され、指定のメールアドレスに見積もりを送ることもできます。

詳細が気になる方は公式サイトからご覧ください。

No.1

SBI損保SBI損保の火災保険(住まいの保険)

総合評価


3.73

  • 補償内容
    3.4
  • 保険料
    5.0
  • 保険金請求時の対応
    3.8

保険料で高評価。補償を自分で選択するダイレクト型火災保険

「SBI損保の火災保険」はダイレクト型損保会社から販売されているネット完結の商品。加入は、電話問い合せ後に届く書類を返送する方法です。保険期間は最大10年まで設定可能。

検証では、保険料でとても高い評価を獲得。今回の試算条件では、群を抜いて安い結果となりました。さらに、保険金請求時の対応でも高得点。加入者からは「対応がとても早く、記入方法の例まで添付してもらえた」「進捗状況をマメに連絡してくれて安心」などのコメントがありました。

補償内容は、平均点をやや下回る評価。火災や風災・水漏れなど基本補償はすべて付帯可能です。また、基本費用保険金でも「地震火災費用保険金」や「残存物取片付け費用保険金」は自動付帯。しかし「バルコニー等専用使用部分修繕費用」は特約でも付帯できない点に注意しましょう。

受け取りやすさの面では、「臨時費用保険金」の限度額が、保険金額の30%と最大クラス。対して類焼損害補償の限度額は、やや小さいことがわかりました。自分で必要な補償を決めたい人・保険料を重視したい人は、今回の検証結果を参考にして、加入を検討するのもよいでしょう。
補償範囲 建物+家財, 建物のみ
評価方法 新価
火災・落雷・破裂・爆発 自動付帯
地震保険 あり
風災 特約追加
雪災・雹災 特約追加
水災 特約追加
漏水 特約追加

全部見る

No.2

三井住友海上GKすまいの保険(すまいの火災保険)

総合評価


3.55

  • 補償内容
    3.6
  • 保険料
    3.3
  • 保険金請求時の対応
    4.1

補償内容が充実。保険金請求対応も高評価の代理店型火災保険

三井住友海上の火災保険「GKすまいの保険」。申し込みは代理店窓口のみの対応です。保険期間は最長10年まで契約可能で、支払方法は月払い・年払い・一括払いから選択できます。また無料サポートが、より充実している「GKすまいの保険 グランド」もあります。

今回の検証では、補償内容の充実度で最高評価を獲得。基本補償の火災・風災・水漏れなどは漏れなくカバーできます。特約は選択の幅が広く、「バルコニー等専用使用部分修繕費用保険金」をはじめとしたマンション向けの補償も各種取り揃えがありました。

受け取りやすさも高評価。「類焼損害保険金」は、事故1件ごとに1億円まで補償されます。さらに「地震火災費用保険金」の限度額は、保険金額の50%ととても充実していました。また保険料では、平均点を上回る高評価。今回設定した条件下では、申込方法が代理店のみの商品のなかで、最も安い試算結果になりました。

保険金請求時の対応もかなりの高得点。「申請書の書き方が簡潔でわかりやすかった」「工事前にも関わらず保険金請求から1週間以内に支払ってもらえた」などの声が見られました。代理店型で決まった担当者がいるのが安心と思う人は、検討することをおすすめします。
補償範囲 建物+家財, 建物のみ, 家財のみ
評価方法 新価
火災・落雷・破裂・爆発 自動付帯
地震保険 あり
風災 自動付帯
雪災・雹災 自動付帯
水災 自動付帯
漏水 自動付帯

全部見る

No.3

楽天損保ホームアシスト(家庭総合保険)

総合評価


3.49

  • 補償内容
    3.4
  • 保険料
    3.4
  • 保険金請求時の対応
    3.8

代理店型で割安な保険料。楽天ユーザーはポイ活もはかどる

「ホームアシスト」は楽天損保の火災保険。加入はネット・代理店どちらにも対応しており、ネットからの加入ならインターネット割引を受けられます。また保険料の支払いでポイ活も可能。楽天のサービスを頻繁に利用する人は、その点もチェックしておきましょう。

検証では、保険料の試算で高評価を獲得。今回の条件では、代理店型の商品のなかで最も安い保険料となりました。さらに、請求時の対応満足度では好成績。「いつも頼んでいる工務店と楽天損保で直接話をしてくれ、損害の調査も両者間で行ってくれた」などのコメントがありました。

補償内容も平均をやや下回る結果に。基本補償は特約追加のものもありますが、すべて付帯可能。費用保険金はラインナップこそ少ないものの、まとまった一時金を受け取れます。受け取りやすさの面では、臨時費用保険金が保険金額の15%まで。類焼損害補償は、年間1億円の限度額になります。
補償範囲 建物+家財, 建物のみ, 家財のみ
評価方法 新価
火災・落雷・破裂・爆発 自動付帯
地震保険 あり
風災 自動付帯
雪災・雹災 自動付帯
水災 特約追加
漏水 特約追加

【2021年】戸建て向け火災保険のおすすめ人気ランキング12選【徹底比較】


戸建て向け火災保険のおすすめ人気ランキングBEST3を発表します。

なお戸建て向け火災保険の選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

No.1

損保ジャパン個人用火災総合保険「THEすまいの保険」

総合評価


3.98

  • 補償内容
    3.7
  • 保険料
    5.0
  • 保険金請求時の対応
    3.9

補償内容が充実。保険料も高評価の代理店型火災保険

損保ジャパンが販売している「THEすまいの保険」。加入手続きは代理店からでき、契約は最長で10年まで可能です。プランは3つから選択でき、地震保険は基本的に自動付帯します。加入者は水回りやカギのトラブルに対応してくれる「アシスタントダイヤル」サポートを無料で受けられます。

検証では、補償内容の充実度で高い得点を記録しました。火災・水災などの基本補償はすべて満たしており、ホームページで謳われているとおり、「サイバーリスク特約」など最新のスマートハウス特有のリスクもカバーできる補償があります。

また、「地震火災費用保険金」が自動付帯しており、「地震上乗せ特約」を追加することで地震への備えを手厚くできます。「臨時費用保険金」が自動付帯する点もポイントです。保険料の検証も高評価に。今回設定した条件では、トップクラスの安さを記録しています。

保険金請求時の対応も、かなりの好成績。「事前に担当者が支払いが完了するまでの時間を、各ケースに分けてわかりやすく説明してくれた」「(書類を)提出してから支払いまで2週間くらいだった」などの声が寄せられました。代理店型で保険料を重視したい人は、一度チェックしてみましょう。
補償範囲 建物+家財, 建物のみ, 家財のみ
評価方法 新価・時価選択可能
火災・落雷・破裂・爆発 自動付帯
地震保険 あり
風災 自動付帯
雪災・雹災 自動付帯
水災 自動付帯
漏水 自動付帯

全部見る

No.2

東京海上日動トータルアシスト住まいの保険

総合評価


3.82

  • 補償内容
    3.6
  • 保険料
    3.8
  • 保険金請求時の対応
    4.1

補償のラインナップが豊富。丁寧な応対で満足度も好成績

東京海上日動の「トータルアシスト住まいの保険」。申し込みは代理店で行い、保険期間は最長で10年まで設定できます。戸建てのプランは2つのなかから選択可能。加入者は「事故防止アシスト」「メディカルアシスト」などさまざまな無料サポートも受けられます。

検証の結果、保険金請求時の対応で、かなりの高評価を獲得。実際の加入者からは「保険金が支払われる基準について、こちら側の希望以上のことまで教えてくれて非常に心強かった」「請求日から5日程で振り込まれていたので、大変助かった」などのコメントが集まっています。

また補償内容でも、高い評価を得ました。基本補償はすべて付帯するうえに「水道修理費用保険金」など費用保険金のラインナップが充実している傾向に。ほかにも「失火見舞金」が自動付帯します。「臨時費用保険金」などは特約追加になるので、加入する前にチェックしましょう。

受け取りやすさの面では、臨時費用保険金の上限額が100万円でやや厳しい評価に。しかし、基本補償部分については新価基準で受け取れます。保険料の検証でも最高クラスの評価。代理店型の商品で担当者と相談して補償内容を決めたい人はチェックするがよいでしょう。
補償範囲 建物+家財, 建物のみ, 家財のみ
評価方法 新価
火災・落雷・破裂・爆発 自動付帯
地震保険 あり
風災 自動付帯
雪災・雹災 自動付帯
水災 自動付帯
漏水 自動付帯

全部見る

No.3

セゾン自動車火災保険じぶんでえらべる火災保険

総合評価


3.69

  • 補償内容
    3.4
  • 保険料
    4.3
  • 保険金請求時の対応
    3.9

割安な保険料。補償内容は自分で自由にカスタマイズ

セゾン自動車火災保険が取り扱っている「じぶんでえらべる火災保険」。ダイレクト型の商品で、申し込みはネット・電話・郵送に対応しています。最長で5年契約まで可能。新価基準で保険金を受け取れて、地震保険も基本的に自動セットされています。

検証では、保険金請求時の対応で高評価を獲得。「台風災害の際に、最初の電話連絡から10日後には入金された」「申請方法がわかりやすく、対応も早かった」といった声が見られました。また保険料でもとても高い得点に。ダイレクト型で仲介する人が少ない分、割安になったと考えられます。

補償内容の検証は、まずまずの評価でした。火災補償のみが自動付帯で、ほかの補償は特約で追加します。費用保険金も自動付帯するものは少ない傾向にありました。特約は「失火見舞金・類焼損害補償」をはじめ「地震火災費用保険金特約」「臨時費用保険金特約」といったラインナップ。

受け取りやすさでは、地震火災費用保険金の限度額が保険金額の5%を限度額なく受け取れます。臨時費用保険金は上限額100万円となっていました。保険料重視で、自分で自由に補償を組み合わせたいと考えている人は、チェックしておくのがよいでしょう。
補償範囲 建物+家財, 建物のみ
評価方法 新価
火災・落雷・破裂・爆発 自動付帯
地震保険 あり
風災 特約追加
雪災・雹災 特約追加
水災 特約追加
漏水 特約追加

全部見る

WEBライター
ライフスタイルナビゲーター
あんずちゃん

日々の暮らしを豊かにするライフスタイルを紹介しています。
料理、掃除、筋トレ、スポーツ、家電収集などなど、日常を豊かにすることを趣味としています。

ライフスタイルナビ